蔡総統、国産貨物船に「中鋼自由輪」と命名 台湾が誇る民主主義を世界に

【政治】 2019/05/22 14:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
「中鋼自由輪」の命名式に臨む蔡英文総統(前列中央)

「中鋼自由輪」の命名式に臨む蔡英文総統(前列中央)

(高雄 22日 中央社)造船大手の台湾国際造船(台船)が建造した貨物船の命名式が21日、南部・高雄市内の同社工場で行われ、蔡英文総統が「中鋼自由輪」と命名した。台湾が誇る民主主義と自由を航海中に世界に伝える意味があるという。

同船は、海運事業を手掛ける中鋼運通が発注した大型ばら積み貨物船(20万8000トン)4隻の第1船。造船に当たっては、同社親会社の鉄鋼大手、中国鋼鉄の造船用鋼材が使用されている。

蔡総統は、同船の名前には台湾の造船業再興への期待も込められていると説明。海軍の軍艦や海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)の巡視船、企業の船舶などを高雄で建造していくと述べ、川上・川下を包括する産業チェーンの活性化に期待を示した。

(陳朝福/編集:塚越西穂)