新時代「令和」 日本と台湾が築いた「善の循環」継続願う=謝駐日代表

【政治】 2019/04/03 13:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
謝長廷駐日代表

謝長廷駐日代表

(台北 3日 中央社)謝長廷駐日代表(大使に相当)は2日、自身のフェイスブックで平成に代わる新元号「令和」が発表されたことに言及した。その上で、日本の新たな時代に「平和、繁栄、団結」がもたらされることを願うとするとともに、日本と台湾が平成時代に築いた「善の循環」の友好関係が継続されることを期待する考えをつづった。

また、新元号について台湾にも通知が届いたと説明。「日本は台湾に通知しない」との情報が拡散されたことに触れ、情報が事実と異なっていたことが分かったとし、フェイクニュースやデマを台湾の人々が軽蔑する新時代の到来を望むとの立場を示した。

日本メディアは3月末、日本外務省は日本が承認する195カ国や国際機関などに新元号を一斉に通知する方針だと報道。日本は中華民国(台湾)を承認していないため、台湾の一部メディアは「195カ国に台湾は含まれない」などと報じていた。

(楊明珠/編集:楊千慧)