台湾、TPP参加に意欲 茂木経済再生担当相「ドアはオープン」

【政治】 2019/01/20 19:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、TPP参加に意欲  茂木経済再生担当相「ドアはオープン」

(東京 20日 中央社)環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する11カ国は19日、東京都内で閣僚級会合「TPP委員会」を開いた。茂木敏充経済再生担当相は閉会後の記者会見で、加盟を目指す台湾や参加国の拡大に関する中央社の記者の質問に対し、TPPは自由で公正な新しい21世紀型のルールを受け入れる国に対して「ドアはオープン」だとし、これはどの国・地域に対しても変わらないとの立場を示した。

外交部(外務省)の李憲章報道官は同日、中央社の取材に応じ、台湾は世界標準に合わせるため、経済や貿易体制の整備を進めているとした上で「TPPの新メンバーの条件を満たしている」と述べた。政府は今後も各ルートを通じてTPP加盟国との意思疎通を図り、台湾の参加への支持を求める方針だとしている。

(楊明珠、侯姿瑩/編集:楊千慧)