総統府「宗教の自由は喜ぶべきこと」=中国とバチカンの暫定合意受け/台湾

【政治】 2018/09/25 18:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
黄重諺氏

黄重諺氏

(台北 25日 中央社)中華民国(台湾)と外交関係を結ぶバチカンが、国交を持たない中国と司教任命問題について暫定合意に達したことにより、台湾との関係に影響が出ることが懸念されている。これを受け、総統府の黄重諺報道官は25日、民主主義や人権、宗教の自由などにおいて多くの共通点や共通認識を持つ台湾とバチカンの関係は「非常に安定している」とした上で、「人権という点において、中国の人民が真の宗教の自由を享受できるのは喜ばしいこと」とする見解を示した。

黄報道官はまた、バチカンや世界各国が進める慈善事業や平和の促進に不可欠なパートナーとしての立場から、高官の相互訪問や宗教交流、人道支援での協力などでバチカンとの関係強化を目指す台湾の姿勢を強調した。

(呂欣ケイ/編集:塚越西穂)