西日本豪雨 頼首相もお見舞いの言葉「日本のために心から祈る」/台湾

【政治】 2018/07/08 13:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
頼清徳氏のフェイスブックページより

頼清徳氏のフェイスブックページより

(台北 8日 中央社)西日本を中心に記録的な大雨による被害が相次いでいるのを受け、頼清徳行政院長(首相)は8日午前、自身のフェイスブックに「救助活動が順調に進み、被害が最小限に収まるよう、日本のために心から祈る」と記した。

蔡英文総統も7日夜、ツイッターに日本語でお見舞いの言葉を投稿している。台湾でも豪雨の被害が頻発していることに触れ、「被害の深刻さを身をもって経験しています」とした上で、「台湾は日本が必要とするあらゆる支援を行う用意があります」と表明した。

(顧セン/編集:楊千慧)