蔡総統と安倍首相がツイッターでやりとり 総統府「特別な絆大切に」

【政治】 2018/06/21 13:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
総統府の林鶴明報道官

総統府の林鶴明報道官

(台北 21日 中央社)蔡英文総統が18日、短文投稿サイト「ツイッター」で大阪府北部地震へのお見舞いメッセージを日本語で発信したのに対し、安倍晋三首相は20日、蔡総統の投稿を引用しながら中国語繁体字で感謝の言葉を寄せた。このやりとりについて、総統府の林鶴明報道官は20日、「この特別な絆を大切にしていきたい」と述べ、台湾と日本のさらなる関係深化に期待を寄せた。

蔡総統は「被害に遭われた方々の速やかな回復と被災地の早期復旧を心からお祈り申し上げます」と記し、日本に必要な支援を提供する準備があることを伝えた。安倍首相は感謝を示した上で、台湾について「まさかの時の友は真の友」とつづり、今後も友好関係を維持していく考えを示した。

林報道官は、台湾と日本は共に地震帯に位置していることなどに言及。災害に見舞われた際には、長年にわたってお互いに関心を寄せ合い、助け合ってきたと語った。

今年2月、東部・花蓮県で地震が発生した際、安倍首相はお見舞いの文章と共に「台湾加油(台湾頑張れ)」と揮毫する姿を写した映像を交流サイト(SNS)のフェイスブックに投稿。蔡総統はこれに対しツイッターで「安倍首相からのお見舞いは、まさかの時の友は真の友、まさにその通りです」と日本語で感謝を示していた。

(葉素萍/編集:楊千慧)