駐日代表処、トヨタ製燃料電池車を購入 エコカー導入の参考に

【政治】 2018/05/25 16:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北駐日経済文化代表処の謝長代表

台北駐日経済文化代表処の謝長代表

(東京 25日 中央社)台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)はこのほど、トヨタ自動車製の燃料電池車「MIRAI」1台を公用車として購入した。謝長廷代表(大使に相当)が24日、明らかにした。謝代表はエコカー導入の経験を台湾の関連機関に参考として伝えたい考えを示した。

謝代表によれば、同車の価格は700万円余り。だが、日本の経済産業省と東京都から計300万円ほどの補助金が交付されるため、負担額は一般の車と大差ないという。

港区に位置する代表処の付近には2カ所の水素ステーションがあるため、利便性はまずまずだと謝代表は語った。

(楊明珠/編集:名切千絵)