陳菊氏、総統府秘書長就任へ 高雄市長退任を発表/台湾

【政治】 2018/04/09 17:46文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
取材陣に囲まれる陳菊市長

取材陣に囲まれる陳菊市長

(高雄 9日 中央社)総統府の林鶴明報道官は8日、総統府秘書長(官房長官)に陳菊・高雄市長を起用すると明らかにした。蔡英文総統が11日に記者会見を開き、正式に発表する。総統府関係筋によれば、就任は今月下旬になる見通し。陳氏は9日、市長退任を発表した。任期を8カ月残しての退任となる。

総統府秘書長は前任の呉ショウ燮氏が2月下旬の内閣改造で外交部長(外相)に就任して以降、劉建忻副秘書長が代理していた。(ショウ=金へんにりっとう)

陳市長は9日、高雄市内で報道陣の取材に応じ、任期半ばでの退任による市政への影響について、残った職員によって市政は予定通り進展させられるとの見方を示した。また、台湾の発展における重要な時期に蔡総統を支えるという点に触れ、秘書長就任を承諾した理由を語った。

市長の職務代理は許立明副市長が務めると報じられているが、陳市長は推薦者を頼清徳・行政院長(首相)に伝えたとだけ話し、明言を避けた。

(王淑芬/編集:名切千絵)

LINE分享給好友