注目の八重山北方水域、操業ルールの再検討で一致=台日漁業委

【政治】 2018/03/17 17:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
注目の八重山北方水域、操業ルールの再検討で一致=台日漁業委

(台北 17日 中央社)中華民国外交部(外務省)は17日、「台日漁業委員会」第7回会合の結果を発表した。今月初めに八重山諸島沖で台湾漁船が日本の公船から放水などを受けたこともあり、開会前から注目を集めていた八重山北方の三角水域について、「台日民間漁業取り決め」で定める互恵協力と海洋資源保存などの理念に基づき、操業ルールを再検討することで一致した。また操業の安全確保を図り、それぞれの漁船による船舶自動識別装置(AIS)搭載を双方関係当局が推奨することになった。

八重山北方の三角水域における操業ルールに関して、日本側の発表では今年4月1日から7月31日までを試行期間とし、会合で一致した本年の操業方法を試した上で、関係当局や漁業団体などによる専門会議で同期間中の実施状況を確認し関連水域の操業ルールを見直すとしている。

同会合は15日から台北で開催。16日午後5時に終了する予定だったが、同7時になっても終わらず、一旦休憩に入ったのち午後9時ごろから再開し17日未明まで続いたという。

(侯姿瑩/編集:荘麗玲)