国交樹立国3カ国、台湾の国際参加支持を表明=国連総会

【政治】 2017/09/21 16:11文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
国連総会の一般討論演説に臨むパラグアイのカルテス大統領=国連HPより

国連総会の一般討論演説に臨むパラグアイのカルテス大統領=国連HPより

(ニューヨーク 21日 中央社)中華民国(台湾)と国交を結ぶパラグアイ、スワジランド、ナウルの3カ国の元首が現地時間20日、米ニューヨークで開かれた国連総会の一般討論演説で、台湾の国際参加を支持する姿勢を表明した。

パラグアイのカルテス大統領は、同国に対する台湾の長年の援助に触れ、「台湾はすでに国際社会において有効な貢献をしている」と表明。国連加盟国に対し、国連システムや会議などへの台湾の参加のため適切な方法を探るよう呼び掛けた。

スワジランドの国王ムスワティ3世は、「台湾が国連メンバーになれば、人類は台湾が国際的な問題に取り組んできた経験から多くの利益を得られるだろう」と述べた。

一般討論演説は25日まで。台湾と国交を樹立しているハイチやブルキナファソ、エルサルバドルなどの代表も今後演説を行う。

(黄兆平/編集:名切千絵)

LINE分享給好友