軍事的危機時の安全確保などを模擬 国防部、演習の映像を公開/台湾

【政治】 2017/08/10 17:46文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
国防部報道官のフェイスブックページより

国防部報道官のフェイスブックページより

(台北 10日 中央社)軍事的危機時における政府や軍の首長の安全確保などをシミュレートする危機対応演習が4日から6日まで行われた。国防部は9日、演習の映像をインターネット上で公開。蔡英文総統は映像の中で「武力で中華民国を屈従させることはできない」と語り、全国民に団結を呼び掛けた。

今年の演習は指揮所の開設、総統や副総統らの指揮所入り、重要なインフラ施設の防護、各種危機の分析・対処に分けて行われた。

映像では、迷彩服姿の蔡総統が指揮所内で国民に向けて演説する様子が写し出される。蔡総統は「台湾人が団結しさえすれば、自由・民主は全てに勝利する。台湾人は心を一つにし、われわれの手から台湾の自由・民主を奪うことは誰にもできない」と力強く述べた。

演習は行政院(内閣)や内政部、外交部、国防部、交通部、財政部、中央銀行など20余りの機関を動員。無予告で行われ、関係職員には通知から20分以内に指定の場所に到着するよう求められた。

(呂欣ケイ/編集:名切千絵)

LINE分享給好友