地域の安定に寄与するいかなる対話も歓迎=外交部 トランプ・習会談/台湾

【政治】 2017/04/09 12:49文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
地域の安定に寄与するいかなる対話も歓迎=外交部  トランプ・習会談/台湾

(台北 9日 中央社)トランプ米大統領と中国大陸・習近平氏との会談閉幕を受け、外交部は8日夜、地域の一員として、地域の安全・安定に寄与するいかなる対話も好意的に受け止めるとコメントした。

中国大陸の政府系メディアによれば、習氏は米国と中国大陸間の信頼醸成の強化を約束。これについて外交部は、両者間の軍事交流と信頼醸成措置の構築は米政府が近年推進してきた政策であり、関連の情勢は台湾も理解しているとし、今回の両氏の会談によって東アジア地域の平和と安定によい影響がもたらされればと述べた。

また外交部は9日、米ホワイトハウスと国務省の高官が会談前、トランプ氏が従来の米国の「一つの中国」政策を尊重する姿勢を示していることを3度にわたって説明した点などに言及。これは1979年の断交以来、米政府が保持してきた立場と台米関係の「ノーサプライズ」の原則に合致するとし、歓迎の意を示した。

(テキ思嘉、顧セン/編集:名切千絵)

LINE分享給好友