総統府、トランプ・習会談を厳密に注視/台湾

【政治】 2017/04/07 19:04
フランス通信社提供

フランス通信社提供

(台北 7日 中央社)総統府の黄重諺報道官は7日、政府はトランプ米大統領と中国大陸・習近平氏との会談を厳密に注視し、動向を把握しており、米国側と常に連絡を取り合っていると前置きした上で、現在、国家の安全保障担当部署が各関連情報を把握し、分析を進めている最中だと明かした。

また、米国は国際社会における台湾の重要な友人で、中国大陸との会談にあたり、米国から関連の政策や動きの説明を受けているとしている。

一方、林全行政院長は米国と台湾海峡両岸(台湾と中国大陸)との安定した関係の維持に期待を示した。

(顧セン、謝佳珍/編集:荘麗玲)