馬総統、台湾元慰安婦の告別式に参列 謝罪など対日要求「諦めない」

【政治】 2016/01/20 14:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
馬総統、台湾元慰安婦の告別式に参列  謝罪など対日要求「諦めない」

(屏東 20日 中央社)馬英九総統は20日午前、南部・屏東県の斎場で営まれた台湾の元慰安婦・鄭陳桃さんの告別式に参列し、日本は鄭陳さんに謝罪と賠償を行うべきだと語った上で、中華民国政府は慰安婦問題について諦めることはないと強調した。

馬総統は、80年前、当時まだ10代の少女だった鄭陳さんは、日本人警察官に騙されて、南洋で慰安婦にさせられたと指摘。台湾に戻った後も叔父に家を追い出され、長い間傷と痛みを背負うことになったが、本来あるべきだった謝罪と賠償を受けられなかったと嗚咽(おえつ)交じりに述べた。

また、当時台湾は中華民国ではなく日本の統治下にあり、鄭陳さんは日本人であったと強調。日本はこのように自国民を扱うべきではないと批判した。

鄭陳さんは今月11日、肺炎により屏東県内の病院で死去。これにより、存命している台湾の元慰安婦は3人となっている。

(郭シセン/編集:杉野浩司)