米上院、台湾に軍事演習「レッドフラッグ」への参加求める

【政治】 2015/06/20 14:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米上院、台湾に軍事演習「レッドフラッグ」への参加求める

(ワシントン 20日 中央社)米上院本会議は18日、2016会計年度(15年10月~16年9月)の国防予算の大枠を決める国防権限法案を、賛成多数で可決した。同法案には、空軍主催の軍事演習「レッドフラッグ」に台湾を招待する内容や、軍上層部の交流などが盛り込まれており、米国が台湾の戦略的価値を重視していることが浮き彫りになった。

共和党が主導する上下両院は中国大陸が近年、南シナ海における動きを活発化させていることを受けて、警戒を強めており、法案には台湾だけでなく日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)に関する内容が加えられた。上院に先立ち下院は先月、台湾に海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック)への参加要請などを含む案を可決している。

ホワイトハウスは今のところ、態度を明らかにしていないが、台湾のレッドフラッグ参加は、中国大陸が昨年初参加したリムパックに比べて実現の可能性は高いとされている。

(廖漢原/編集:杉野浩司)