李登輝氏訪日 安倍首相と会うかに注目も「聞いていない」=招請団体

【政治】 2014/08/13 14:10
李登輝氏訪日  安倍首相と会うかに注目も「聞いていない」=招請団体

(東京 13日 中央社)日本李登輝友の会は12日、記者会見を行い、9月に予定されている李登輝元総統の訪日日程を明らかにした。同会の小田村四郎会長(=写真中央)は、大阪と東京で開かれる講演会では日本版「台湾関係法」に言及する可能性を示唆する一方で、安倍晋三首相との会談や李氏の実兄も祭られている靖国神社への参拝の有無については「聞いていない」と答えた。

李氏は9月19日午後に関西空港に到着後、記者会見を開く予定。同20日に大阪で21日に東京でそれぞれ講演を行うほか、22日には再生可能エネルギー産業施設を視察する。23日に北海道札幌市を訪問、24日には台湾と深いつながりがある農学者・教育家の新渡戸稲造ゆかりの地を巡り、25日に農畜産業施設を見学して新千歳空港から台湾に帰国する。

今回の訪日は今年末に淡水(新北市)に建設予定の「李登輝図書館」(仮称)をアピールすることなどが目的とされており、夫人の曽文恵氏、長女の李安娜氏、次女の李安[女尼]氏、李氏の主治医なども同行する。

講演の内容については、「これからの世界と日本」をテーマに、安倍政権に台日漁業取り決めの安定した運用、最先端がん治療技術の台湾への輸出などを呼びかけると見られている。

李氏の訪日は2000年の総統退任後6度目で、2009年以来5年ぶり。

(楊明珠/編集:齊藤啓介)