JAL、羽田-台北(松山)線再開へ 週3便体制で来月から

【観光】 2020/09/10 19:34 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北松山空港に到着した日本航空機=2019年7月30日撮影

台北松山空港に到着した日本航空機=2019年7月30日撮影

(台北中央社)日本航空(JAL)は来月、羽田-台北(松山)線の運航を週3便体制で再開する。同社が10日、10月の国際線運航予定として発表した。

本来、1日2便で運航されてきた同路線。新型コロナウイルスの影響を受け3月以降減便が続き、5~9月は運休となっていた。10月はまず、毎週月、水、土のスケジュールで運航される見通し。

同社の予定表によれば、成田-台北(桃園)は、従来の週3便が週2便(火、木)に減便される。成田-高雄は週1便(土)を維持。大阪(関西)-台北(桃園)、名古屋(中部)-台北(同)は運休が続く。なお、これらの予定について同社は、今後、追加や変更が生じる可能性があるとしている。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)