複数の中国軍機、台湾の防空識別圏に進入 国防部「現状破壊はやめよ」

【両岸】 2020/09/10 14:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中国軍の輸送機Y8=資料写真、国防部提供

中国軍の輸送機Y8=資料写真、国防部提供

(台北中央社)国防部(国防省)は10日、中国軍の戦闘機Su-30や輸送機Y8など複数の軍用機が同日午前、台湾の南西の防空識別圏(ADIZ)に進入したと発表した。空軍が航空兵力を派遣し、対応したとしている。国防部は、中国に対し、「平和で安定している地域の現状を繰り返し破壊することはやめよ」と呼び掛けた。

中国は9日も台湾の南西の空域に複数の軍用機を派遣していた。

(游凱翔/編集:名切千絵)