訪台外国人客対象 台湾新幹線、中南部行き乗車券を2人一緒で1人無料に

【観光】 2019/09/17 15:50 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
観光局によると、昨年初めて同様のキャンペーンを実施し、6万3000人余りの訪台外国人が利用したという

観光局によると、昨年初めて同様のキャンペーンを実施し、6万3000人余りの訪台外国人が利用したという

(台北 17日 中央社)交通部(交通省)観光局は外国人観光客を中部や南部に呼び込もうと、短期観光ビザで入境する外国人を対象に、台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の指定区間を2人一緒に利用する場合、1人を片道乗車無料とするキャンペーンを16日から開始した。予約期間は来年1月20日まで。

キャンペーンは台中、彰化、雲林、嘉義、台南、左営(高雄市)で下車する乗車券に適用される。優待を受けるには、観光局が指定する旅行会社のウェブサイトでの事前申込みが必要。利用者情報を入力し、パスポートの画像を添付すると、キャンペーン専用のクーポンが発行される。クーポンは申込み先の旅行会社で高鉄片道乗車券を購入する際に使用できる。指定の旅行会社は、KKday、KLOOK、ライオントラベル(雄獅旅遊)の3社。数量限定で、定員になり次第終了する。

台湾の居留証を所持、あるいは180日以上滞在する外国人はキャンペーン対象外。

観光局によると、昨年初めて同様のキャンペーンを実施し、6万3000人余りの訪台外国人が利用したという。

(汪淑芬/編集:名切千絵)