エバー航空、機内の「清潔さ」で世界2位 トップは全日空/台湾

【観光】 2019/03/19 15:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
エバー航空のボーイング787-9型機機内様子=同社提供

エバー航空のボーイング787-9型機機内様子=同社提供

(ロンドン 19日 中央社)英航空サービス調査会社スカイトラックスが世界の航空会社を対象に機内の清潔さを評価した2018年のランキングで、台湾のエバー(長栄)航空が2位に輝いた。チャイナエアライン(中華航空)は14位。全日空がトップだった。

座席エリアやテーブル、カーペット、洗面所などの清潔度に対する乗客の評価を基に順位を付けた。スカイトラックスが毎年発表する「ワールド・エアライン・アワード」の項目別ランキングの一つで、同アワードの調査では世界100カ国余りの乗客2036万人から評価を集めた。

(編集:名切千絵)