地震を経ても魅力依然 花蓮の美しさを伝える空撮写真と映像/台湾

【観光】 2018/04/14 14:40文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
花蓮の美しさを伝えるための空撮写真=カイ瀾網提供(カイ=さんずいに回)

花蓮の美しさを伝えるための空撮写真=カイ瀾網提供(カイ=さんずいに回)

(花蓮 14日 中央社)東部・花蓮市公所(市役所)で13日から、地元の人々にいつもと違った視点で故郷を見てもらうための空撮写真展が開催されている。今年2月に台湾東部地震に見舞われた同市。魏嘉賢市長は同日の開幕式典で、「地震を経ても花蓮の魅力は依然であることを国内外の観光客にも伝えたい」と述べて動画版の存在もアピール。「素晴らしい風景を見た人が、今すぐにでも花蓮に行きたいと思ってくれれば」と期待を示した。

展示されているのは、生活・観光情報を発信する地元のポータルサイト「カイ瀾網」が花蓮各地で取り組んでいる空撮映像「Eye上花蓮」から切り出した作品23枚。Eye上花蓮はこれまでに2本がインターネットで発表されており、今年は最新版も配信予定。制作チームを率いる王俊傑さんは、今度は花蓮の違った魅力も発掘していきたいと意欲を示している。(カイ=さんずいに回)

展示は6月30日まで。

(李先鳳/編集:塚越西穂)

LINE分享給好友