日台ハーフの救急救命士「恩返しの時」 災害支援のため台湾に駆け付ける

【社会】 2018/02/09 17:35 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
地震で大きく傾いた「雲門翠堤大楼」

地震で大きく傾いた「雲門翠堤大楼」

(花蓮 9日 中央社)東京の病院で救急救命士として働く日台ハーフの男性(33)が、地震で倒壊した「雲門翠堤大楼」の救助現場で奔走している。男性は中央社の取材に対し、「台湾は東日本大震災の時に支援の手を差し伸べてくれた。今度はこちらが台湾に恩返しする番」と熱い思いを明かした。

この男性は、地震の発生をフェイスブックを通じて知り、すぐに日本から台湾に駆け付けた。男性は日本で救急救命士の資格を有するほか、台湾でも初級救護技術員(EMT-1)の免許を持つ。かつて台湾で媽祖行列の医療団に参加した際、日本の救急救命士の資格を持っていても法律の制限により専門性を十分に生かせなかった経験を機に、台湾の大学に留学。語学と医療の専門知識を学び、台湾の資格を取得したという。

男性が勤務する病院の院長は、男性が災害支援のために台湾に行くことを知ると、2週間の有給休暇を与えてくれたという。男性は、東日本大震災時に台湾が日本を支援したからこそ、台湾にお返しするべきだと院長に思ってもらえたと話した。

(黄旭昇/編集:名切千絵)