台湾・桃園空港、スタッフのサービスが“世界一”に=英調査会社

【観光】 2017/03/15 15:36
資料写真

資料写真

(台北 15日 中央社)英国の航空サービス調査会社スカイトラックスが14日発表した最新の「ワールド・エアポート・アワード」で、台湾桃園国際空港がベスト・エアポート・スタッフ・サービス部門で世界1位に輝いたことが分かった。同空港の曽大仁董事長(会長)は、喜びと栄誉を全てのスタッフと分かち合いたいとしている。

曽会長によると、仁川国際空港(韓国)と東京国際空港(東京都)に続く3位だった昨年から大きく躍進したという。清潔さの部門でも東京、仁川、中部国際空港(愛知県)に続く4位とされた。

調査は1999年から実施。今回は2016年7月から2017年2月までに105カ国・地域で集められた1382万人分の利用者アンケートを基に格付けされた。ベスト・エアポート・スタッフ・サービス部門では、サービスカウンター、保安検査、出入国(境)審査、乗り継ぎ、免税店、飲食店などのスタッフの態度や親切さが、評価の対象とされている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)