飛行機に乗り遅れた日本人、警察官から“おもてなし”受ける/台湾

【観光】 2014/01/23 16:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
飛行機に乗り遅れた日本人、警察官から“おもてなし”受ける/台湾

(台北 23日 中央社)旅行に訪れた高雄で帰国の飛行機に乗り遅れ、路頭に迷っていた日本人男性が、事情を知った現地の警察官に保護され、手厚い“おもてなし”を受けるという出来事があった。23日付の聯合報が伝えている。

報道によると、高雄市小港警察署の警備隊員、梁福崇さんが18日夕方、小港区内をパトロール中、疲れきった様子のバックパッカーの男性を見かけたため保護したところ、この男性は同区内のテレサ・テン記念館を参観後、飛行機に乗り遅れ、空港周辺をあてもなくさまよっていたことがわかった。

そこで、梁さんはこの男性をひとまず休憩させ、近くのホテルと航空券の予約を簡単な中国語に身振り手振りを交えて手伝った。その後梁さんは退勤後も面倒を見続けようと思い、男性がショーロンポー(小籠包)を食べたがっているとわかると、高校に通う梁さんの娘も連れて食事をご馳走したという。

粋な計らいでお腹も胸もいっぱいになった男性は、しきりに感謝の言葉を口にしながら帰国の途に着いたという。

(編集:齊藤啓介)