台湾新幹線にアニメペイント車両が登場 世界初

【観光】 2013/07/21 17:57 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾新幹線にアニメペイント車両が登場  世界初

(台北 21日 中央社)台湾高速鉄道に、米のアメニ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク(CN)」との協力による初のアニメペイント列車が登場した。21日に公開試運転があり、22日から正式に運行を始める。CNと高速鉄道の協力は世界初。

高鉄は2015年に新駅の開業を控えており、昨年日本から700T型48両(12両編成4列車)を追加購入、そのうち最初の12両がCNお馴染みのキャラクター車両に変身した。

車体以外にも、座席のヘッドカバーや紙コップ、ナプキン、乗務員のエプロンまで、車内全体がアメニのキャラクターに彩られた別世界で、試乗した子供たちは大興奮。

また7号車では無料のオリジナル葉書を配布、乗客は車内の記念スタンプを押し、専用ポストに投函することができる。

アニメ列車の運行スケジュールは毎週月曜日にインターネットのホームページで発表され、運賃やチケット購入などは一般の列車と変わらない。

(編集:張芳明、高野華恵)