屏東県産パイナップル、日本のスーパー向けに輸出 第1陣が出発/台湾

【経済】 2020/04/14 19:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
屏東県産パイナップルの日本向け輸出を喜ぶ潘県長(中央)=同県政府提供

屏東県産パイナップルの日本向け輸出を喜ぶ潘県長(中央)=同県政府提供

(屏東中央社)日本のスーパー大手「西友」から注文を受けた屏東産パイナップルの第1陣6.2トンが14日、同県高樹郷の農場でトラックに積み込まれ、日本に向けて出発した。県政府が昨年、西友の親会社、ウォルマート・ジャパン・ホールディングスと契約を結んでいた。同県産パイナップルが直接取引によって西友の店頭に並ぶのは初めて。今年は計300トンを出荷する予定だとしている。

屏東県は台湾でのパイナップルの主要産地。国内生産量の半分以上を占める。この日行われた出発式に出席した潘孟安県長によれば、今年1月から4月までに日本に輸出された台湾産パイナップル約880トンのうち、約600トンを屏東県産が占めた。

潘県長は、日本での屏東産パイナップルの販売は従来、貿易業者を通じて行われていたと紹介。今回の西友との契約は受注の分散化につながるとし、新たな輸出チャネルをさらに開拓していく姿勢を示した。

同県農業処の黄国栄処長によれば、県内3600ヘクタールで毎年約12万~13万トンを生産しており、その9割が輸出される。大部分が中国向けに輸出されており、県は近年、欧米や中東、東南アジア、日本市場の開拓に向け、農家に指導を行ってきたという。

(郭シセン/編集:名切千絵)