台湾と日本、第三国市場協力委を東京で開催

【経済】 2019/10/31 19:28 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾と日本、第三国市場協力委を東京で開催

台湾と日本、第三国市場協力委を東京で開催

(台北中央社)第三国市場における企業の連携推進を目指して台湾と日本の窓口機関が開催する「台日第三国市場協力委員会」が31日、東京で開かれた。台湾側からは台湾日本関係協会の邱義仁会長、日本側からは日本台湾交流協会の大橋光夫会長がそれぞれ団長として参加し、第三国協力の可能性がある市場や産業分野などについて意見を交換した。

同委は昨年6月に東京で初会合し、同11月に台北で2回目を実施。台湾の外交部(外務省)の報道資料によると、3回目となる今回は台日双方の経済貿易担当機関から、これまでの成果が報告された。具体的な協力が進展したのは、第三国における海洋ごみ問題への対処、防災分野の人材育成などで、会議ではさらなる協力深化についての話し合いが行われた。

同部は、セミナーや企業交流会などを通じて、台日企業が第三国における協力関係を構築しやすい環境をつくり、さらなる経済貿易の協力が強化されることを双方が期待していると意欲を示した。

(編集:塚越西穂)