バレンタイン集客狙う各百貨店、写真撮影スポットを設置 鳥居など登場

【経済】 2019/02/14 16:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ショッピングセンター「アトレ」の屋外庭園に登場する鳥居=ブリーズ(微風)南山提供

ショッピングセンター「アトレ」の屋外庭園に登場する鳥居=ブリーズ(微風)南山提供

(台北 14日 中央社)14日のバレンタインに合わせ、北部の各百貨店は写真映えする撮影スポットを設置し、集客を図っている。写真をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿すると、優待が受けられるキャンペーンなども実施されている。

超高層ビル「台北101」のショッピングモール(台北市)は14日当日、花が敷き詰められた「フラワーウォール」の前で写真撮影し、写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿した人にバラをプレゼントするキャンペーンを実施。台北花市が協力した。

遠東SOGO復興館(同)は1日から17日まで、1階にハート型のオブジェを設置。フェイスブックに投稿すると会員カードのポイントがもらえる。

グローバルモール(環球)板橋駅店(新北市)は日本風情あふれる鳥居や桜を配置し、写真をインスタグラムに投稿した人に、撮った写真を無料で現像してプレゼントしている。600枚限定。

このほか、先月オープンしたブリーズ(微風)南山内のショッピングセンター「アトレ」の屋外庭園には、8基の鳥居などが登場し、写真撮影スポットとして提供されている。

(劉麗栄/編集:名切千絵)