鴻海、米工場の建設計画を続行 トランプ大統領の要請受け/台湾

【経済】 2019/02/02 19:20 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
鴻海精密工業の郭台銘董事長

鴻海精密工業の郭台銘董事長

(台北 2日 中央社)鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長(会長)は2日、見直しが伝えられていた米中西部ウィスコンシン州での液晶パネル工場建設計画について、トランプ大統領の要請を受けて継続を決めたと明らかにした。

郭氏は、同日台北市内で開かれた社内の催しで、前日夜にトランプ氏からの電話を受け、鴻海の投資に期待をしていると言われたと明かし、新工場で自動車や航空機向けの液晶パネルを製造することや、人材投資を行うことなどを約束したと説明した。

鴻海は2017年7月にホワイトハウスで液晶パネル工場を含む100億米ドル(約1兆850億円)規模の投資案を発表したが、米中貿易摩擦の影響や人材不足などで計画見直しが報じられていた。

郭氏によると、トランプ氏は人材確保について「できる限りの支援をする」と誠意を見せ、退役軍人の採用なども提言した。また、米中貿易協議に関しては、「順調で、近々合意に達する」との見通しが伝えられたという。

(鍾栄峰/編集:塚越西穂)