6月の失業率、同月で18年ぶり最低 労働市場安定/台湾

【経済】 2018/07/24 13:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
6月の失業率、同月で18年ぶり最低 労働市場安定/台湾

(台北 24日 中央社)行政院(内閣)主計総処が23日に発表した6月の失業率は3.70%で、同月としては2000年以来、18年ぶりの最低水準となった。完全失業率(季節調整値)は3.68%で前月より0.01ポイント低下した。同処は労働市場が非常に安定していることを示すと分析した。

一方、同月の失業率は、前月と比べると0.07ポイント上昇している。同処はこれについて、6月は卒業シーズンに当たり、卒業生が一斉に就職活動を始めたことによる影響と説明。失業率は8月まで高水準で推移するとみられるが、同処は季節的な要因だとし、9月には緩和されるとの見通しを示した。

年齢別に見ると、失業率が最も高かったのは20~24歳の11.89%だった。

(潘姿羽/編集:楊千慧)