3月の飲食業売上高、前年比7.4%増 ミシュランが後押し=経済部/台湾

【経済】 2018/04/24 13:58 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北の飲食店や宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド台北2018」

台北の飲食店や宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド台北2018」

(台北 24日 中央社)台湾の飲食業の3月の売上高は372億台湾元(約1366億円)で、前年同月比7.4%増加した。経済部(経済省)統計処が23日、発表した。新ブランドや新商品の投入に加え、飲食店の格付け本「ミシュランガイド」の台北版が発行されたことが消費活性化につながったと同処は分析している。

第1四半期の売上高は1190億元(約4371億円)で、同四半期の過去最高を更新した。伸び率は4.2%。

台北の飲食店や宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド台北2018」の掲載店は3月14日に発表され、飲食店20軒が星を獲得した。台湾では初めての発行となった。

(廖禹揚/編集:名切千絵)