3月の新車販売台数、前月比45%増 春節明けで/台湾

【経済】 2018/04/03 14:48文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
台北国際オートショーに出展するトヨタ車=資料写真

台北国際オートショーに出展するトヨタ車=資料写真

(台北 3日 中央社)交通部(交通省)が2日に発表した統計によれば、台湾の3月の新車販売台数は前月比45.0%増の3万9093台に上った。2月は春節(旧正月)に伴う大型連休で営業日が少なかったが、3月は複数のメーカーで販売台数が前月より50%前後増加する成長がみられた。

メーカー別ではトヨタが前月比47.8%増となる1万202台を売り上げ、トップ。三菱(4683台、前月比48.8%増)、ホンダ(3821台、同57.2%増)などが続いた。販売台数の増加幅が目立ったのはベンツで、2923台を売り上げ、前月比68.1%増となった。

今年1~3月の販売台数では、トヨタが最多となる3万2005台を売り上げた。トヨタは全体の28.1%を占め、首位となっている。2位以下は、三菱(1万3465台)、ホンダ(1万216台)、日産(9489台)など。

(田裕斌/編集:楊千慧)

LINE分享給好友