住宅ローンの返済負担率、台北が台湾最多 6割強

【経済】 2018/02/02 11:56文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
住宅ローンの返済負担率、台北が台湾最多  6割強

(台北 2日 中央社)内政部(内務省)営建署が先月31日発表した昨年第3四半期の住宅価格負担能力に関する統計で、台北市の住宅ローンの返済負担率は台湾全土で最多の62.1%に上ることが分かった。前四半期比では2.2ポイント減少。住宅価格の対所得比は15.1倍だった。

同署は返済負担率30%未満を合理的に負担可能な範囲とし、50%以上の場合は返済能力が「過度に低い」とみなしている。

今回統計を取った20県市で、負担率が50%を超えたのは、台北市と新北市(51.2%)。30%未満は、雲林県、基隆市、嘉義市、屏東県、嘉義県の5県市だった。澎湖県と台東県はサンプル数が不足したため、統計に含まれていない。

台湾全土の平均負担率は37.8%で、前四半期比1.1ポイント減少した。

(陳政偉/編集:名切千絵)

LINE分享給好友