台湾企業の年末ボーナス、平均は1.34カ月分 2年連続プラス成長

【経済】 2018/01/30 11:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾企業の年末ボーナス、平均は1.34カ月分  2年連続プラス成長

(台北 30日 中央社)求職サイト「1111人力銀行」が29日に発表した年末ボーナスに関する調査結果によると、81.4%の企業が年末ボーナスを支給すると答えた。平均は月給1.34カ月分で、2年連続のプラス成長だという。同サイトの幹部は、昨年、台湾の景気に改善がみられたのが主な要因だと分析している。

支給額が高い業種は順に金融業、IT産業、貿易業。金融監督管理委員会によれば、昨年の金融業界全体での利益は推定値で約5500億台湾元(約2兆500億円)に上っている。貿易業に関しては、昨年の年間輸出額が過去2番目の高水準を記録した。

IT産業では、多くの企業が月給14カ月分の給与を保障する年俸制を採用しているほか、個人の業績などに応じてボーナスも支給し、人材の流出防止を図っているという。

ボーナスの支給額を決める際に参考にする指標は、個人の業績(61.0%)、勤続年数(22.1%)、部門全体の業績(21.8%)など。全従業員への一律同額支給を採用している企業の割合は15%に満たなかった。

調査は今月17~26日、同サイトの企業会員を対象に電話調査の形式で実施。有効回答件数は902件だった。

台湾では通常、旧正月(春節)前に年末ボーナスが支給される。

(邱柏勝/編集:楊千慧)