TSMC、台南に3ナノ半導体工場建設へ/台湾

【経済】 2017/09/30 15:05文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
TSMC、台南に3ナノ半導体工場建設へ/台湾

(新竹 30日 中央社)半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は29日、回路線幅3ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体工場を南部・台南に建設すると発表した。

内外の競合他社に先立ち、最先端となる3ナノの生産に乗り出すことでリードをさらに広げる狙いがあるとみられる。投資額や建設時期は不明だが、2022年に量産を開始する見通しという。

建設地を巡り、外資誘致に積極的な米国になる可能性も取り沙汰されていた。台南に白羽の矢が立った理由について、中央大学(桃園市)台湾経済発展研究センターの呉大任主任は、TSMCの主要取引先、IC設計を手掛ける企業のうち、近年台頭してきた企業の多くがアジアに集中していることや、同社が台南に8インチウエハー工場も持つなど現地の環境を熟知していることなどを挙げた。

(張建中/編集:羅友辰)

LINE分享給好友