海外受注高、8カ月連続プラス 世界的な景気回復が後押し/台湾

【経済】 2017/04/21 18:04
海外受注高、8カ月連続プラス  世界的な景気回復が後押し/台湾

(台北 21日 中央社)経済部(経済省)統計処は20日、今年3月の海外受注高について、411億2000万米ドル(約4兆5000億円)だったと発表した。前年同月比12.3%増で、8カ月連続でプラスとなった。第1四半期の海外受注高は1108億5000万ドル(約12兆円)で、前年比12.6%増。

昨年の下半期以来、世界的に景気が回復している。携帯端末やパソコン、テレビなどの新型商品の発売も続き、需要は高まるとみられる。また、クラウドコンピューティングやモノのインターネット(IoT)関連の受注額自体は大きくないが、応用範囲が広く、関連する電子機器や端末などの分野で引き続き成長が見込めるとされている。

同処は、4月の受注高は385~395億ドル(約4兆2000億~4兆3000億円)、前年同月比で16.3~19.3%増加すると見込んでいる。

(黄雅娟/編集:楊千慧)