古い建物を再活用 若者支援のクリエイティブ基地として整備へ/台湾

【経済】 2017/04/06 18:24
古い建物を再活用  若者支援のクリエイティブ基地として整備へ/台湾

(台北 6日 中央社)苗栗県政府が、苗栗市新倉街に残る旧台湾省糧食局苗栗倉庫の建物の再活用を計画している。地元の若者が才能を発揮できるクリエイティブ基地として整備する方針で、早期実現を目指す考えだ。

同施設は一部が日本統治時代に建設された。事務所1棟と倉庫3棟に囲まれた中庭に3つの防空壕が残るなど、歴史の面影を垣間見られ、2016年には県の歴史的建造物に登録されている。

県では建物の修復が終わり次第、職人養成所、農産物の即売所や有機栽培のコーヒー店、古本屋などとしての活用を視野に入れており、起業時に必要なコストの低減を図り、若者を後押ししたいとしている。

(管瑞平/編集:齊藤啓介)