台湾の地球観測衛星「福衛5号」、第3四半期に打ち上げを予定

【経済】 2017/03/15 18:59文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
陳良基科技部長

陳良基科技部長

(台北 15日 中央社)科技部の陳良基部長(大臣)は15日、高解像度地球観測衛星「福衛5号」(フォルモサット5号)の打ち上げを今年第3四半期に予定していると明らかにした。福衛5号は、昨年8月に退役した「福衛2号」の後継機。打ち上げ委託先の米宇宙開発企業スペースXが昨年9月に起こしたロケット爆発事故などの影響で、福衛5号の打ち上げは延期を重ねていた。

同部はこの日、研究における不正行為を監視する「研究公正オフィス」の看板除幕式を開催。陳部長は、式典後にメディアの取材に応じた。

「福衛3号」の後継プロジェクトとなる「福衛7号」については、年末までに打ち上げる見通しを示した。

(黄麗芸/編集:名切千絵)

LINE分享給好友