台湾のスタバ限定 冷製パスタを発売 食事メニュー強化ねらう

【経済】 2017/02/17 17:16

(台北 17日 中央社)台湾スターバックス(統一星巴克)は22日から、冷製パスタを販売する。麺類を発売するのは8年ぶり。新発売の冷製パスタは台湾限定メニューとなる。食事メニューのラインナップを増やすことで、来店客の増加をねらう。

同社は22日から春の新メニュー7種類を販売。冷製パスタはその一つで、ファルファッレ(リボン型パスタ)と野菜をジェノベーゼソースであえた。このほか、焼肉チーズバーガーやじゃがいもとスクランブルエッグのサラダなど3種類が食事メニューとして同時に登場。スイーツでは、ココアチーズケーキやアップルパイなど3種類が新たに店頭に並ぶ。新メニューの開発には6カ月を費やしたという。

同社は近年、食事メニューの強化を実施。軽食とドリンクを組み合わせたランチ・ディナー用のセットメニューの売り上げは昨年、2割の成長を遂げた。ハンバーガーやクロワッサンなどの軽食も1割近く売り上げが伸びた。今後も季節やイベントごとに新たな食事メニューやスイーツを発売していくとしている。

(陳政偉/編集:名切千絵)