台湾北部の水がめ、貯水量少なく 近隣ダムが給水支援へ

【経済】 2015/12/30 17:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 30日 中央社)経済部(経済省)水利署は29日、新北市と新竹県の一部や桃園市の水がめ、石門ダム(桃園市)の貯水率が7割を切ったと発表した。今秋は同ダムの周辺で例年より降雨量が少なかったのが原因で、翡翠ダム(新北市)など近隣のダムからの給水支援を受ける方針。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます