台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾

【経済】 2014/07/26 12:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾

(台北 26日 中央社)23日に台湾を直撃した台風10号による農業被害が5億1014万台湾元(約17億3000万円)に上ることが行政院農業委員会(農委会)の調べで分かった。花蓮県の損害が最も大きく、農作物ではバナナや文旦が大きな被害を受けた。

25日17時現在の各地の被害額と総額に占める割合は、花蓮県3億3389万元(65%)、宜蘭県5073万元(10%)、台東県4053万元(8%)、台中市1884万元(4%)となっている。

被害が最も深刻だったバナナの損失額は1億1592万元に上っており、次いで文旦、スイカ、バンレイシ(釈迦頭)、グアバ、梨、パパイヤ、ニラ、芋、パイナップルなどに被害が出た。

農委会は花蓮県と宜蘭県に低金利融資を実施し、特に被害の大きかった花蓮県には現金による支援も行うとしている。

(楊淑閔/編集:杉野浩司)