中国が民進党政権批判 蔡総統「視野が狭い」/台湾

【両岸】 2019/10/31 14:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蔡英文総統=資料写真

蔡英文総統=資料写真

(台北中央社)中国の対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の馬暁光報道官が民進党政権を「外国の助けを借りて自らの地位を高め、駒になることに甘んじている」と批判したことを受け、蔡英文総統は30日、「中国の視野は狭い」と非難し、「中国を中心とする考え方はあまり良くない」と述べた。

馬報道官は30日午前の定例会見で、ペンス米副大統領が演説で台湾を支持する発言をしたことに関して述べた。

蔡総統は同日午後、台北市内で開かれた内装業界の協同組合の関連式典に出席した後に取材に応じた。中国の批判に対し、「台湾は元々国際化を目指していて、世界の全ての人々と友人になろうとしている」と説明した上で、中国の視野の狭さを非難した。

(王承中/編集:名切千絵)