台湾、保護求める香港市民を支援へ=蔡総統が指示

【両岸】 2019/08/14 16:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蔡英文総統

蔡英文総統

(台北 14日 中央社)大規模デモによる混乱が続く香港について、外交部(外務省)の欧江安報道官は13日、暴力による鎮圧は解決にならないとし、市民の声に耳を傾けるよう香港政府に呼び掛けた。香港市民の自由や民主主義、人権を追求する姿勢を台湾は支持するとの立場を改めて示し、保護を求める香港市民には人道的配慮に基づき、個別に支援するとした。

香港では11日、各地でデモが行われ、一部ではデモ隊が警察と激しく衝突した。与党・民進党の広報担当、李問氏は12日、報道資料を発表し、警察のデモ参加者に対する暴力を非難。資料によれば、蔡英文総統が香港市民を人道援助の形で個別に支援するよう、各関係機関にすでに指示したという。

台湾の対中国政策を所管する大陸委員会は13日、香港市民は関連法にのっとり、台湾での居住申請を行うことができるとした上で、個別対応が必要な申請は現段階ではまだ受けていないと説明。関連の申請があった場合には、人道的配慮に基づき個別に対応するとの姿勢を示した。

(沈朋達、侯姿瑩/編集:楊千慧)