中国の台湾侵攻 「第一波の攻撃に耐える」=蔡総統 CNN報道

【両岸】 2019/02/23 20:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ミサイルフリゲート2隻の就役式に出席し、親指を立てるポーズを決める蔡総統=2018年11月8日高雄で撮影

ミサイルフリゲート2隻の就役式に出席し、親指を立てるポーズを決める蔡総統=2018年11月8日高雄で撮影

(台北 23日 中央社)蔡英文総統はこのほど、米CNNの独占インタビューに応じ、中国による台湾への武力行使について「第一波の攻撃に耐えるだけの力がある」などと述べ、台湾の防衛力に自信を示した。

総統府が22日、記者との一問一答の内容(中国語訳)を公表した。それによると、中国の台湾侵攻に関し、蔡総統は「第一波の攻撃後、中国は国際社会からの圧力を受けると同時に、自国の経済や他分野への打撃をも受けなければならない」と指摘した。

蔡総統はその上で、「われわれ自身が第一波の攻撃に耐えてから、全世界の他の国々がそろって中国に強い(抗議の)意思を示し、圧力をかけてほしい」と期待を示した。

(王承中/編集:羅友辰)