米から購入のフリゲート2隻が就役 蔡総統「外からの脅威忘れるな」/台湾

【両岸】 2018/11/08 13:36 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
フリゲート2隻の就役式に出席する蔡英文総統(前列中央)

フリゲート2隻の就役式に出席する蔡英文総統(前列中央)

(高雄 8日 中央社)台湾が米国から購入したオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート2隻の就役式が8日、南部・高雄市の左営軍港で行われた。今後は離島・澎湖の馬公基地を母港とする海軍146艦隊に配属され、台湾海峡の巡回に当たる。式典に出席した蔡英文総統は「台湾を守る使命」「地域の平和と安定の追求」「外部からの脅威」の3つを忘れてはならないと将兵らに訓示した。

2隻は2014年末にオバマ大統領(当時)が軍艦の移転に関する法案に署名し、台湾への売却が決まったテイラーとゲイリー。戦術曳航ソナーシステムが配備されており、李宗孝・海軍司令部参謀長は、中国の潜水艦に対する抑止効果を持つと指摘している。台湾では「銘伝」(PFG-1112)、「逢甲」(PFG-1115)と命名され、昨年5月に同港に到着して以来、就役に向けた訓練を続けていた。

(游凱翔/編集:塚越西穂)