中共軍が東シナ海で実弾演習 国防部「厳密に把握」/台湾

【両岸】 2018/07/18 13:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
黄色い破線で囲まれる今回の実弾演習海域

黄色い破線で囲まれる今回の実弾演習海域

(台北 18日 中央社)中国の人民解放軍が浙江省東の東シナ海で18日から6日間にわたる実弾演習を実施すると伝えられた。これに対し、国防部(国防省)は17日、中共軍の定例訓練であるとする見方を示した。また、台湾周辺の同軍の動向については厳密に把握し、対応することができると強調。中国共産党の「文攻武嚇」に踊らされる必要はないとした上で、国民に安心するよう呼び掛けた。

演習については、中国の官製メディア数社が17日付で伝えた。それによると、中国の浙江海事局が16日、ウェブサイトで発表。訓練期間となる18日午前8時から23日午後6時まで、同海域に航行禁止区域が設けられるという。

(游凱翔/編集:塚越西穂)