台湾の団体の国・地域表記に「中国」追加される 外交部は反発

【両岸】 2018/03/23 19:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
外交部の李憲章報道官

外交部の李憲章報道官

(台北 23日 中央社)国際医学生連盟(IFMSA)の公式サイト上に記載される世界の会員組織のページで、台湾医学生連合会の国・地域表記が「Taiwan」から「Taiwan, China」に変更されていたことが20日までに分かった。同会によると、変更は世界保健機関(WHO)の要求によるものだとIFMSAは説明しているという。外交部(外務省)は同日、WHO事務局が「中国の政治的目的のためだけに奉仕するようなやり方をしていることは非常に遺憾だ」と不満を表明した。

同部の李憲章報道官は、IFMSAに対し、中立の立場を堅持し、全ての会員がいかなる政治問題の干渉も受けないよう保証することを望むと述べた。また、WHOが政治的圧力に屈し、非政府間国際組織への圧力によって台湾の非政府組織の国際参加を妨害することは、WHO憲章の精神に反し、台湾の人々の権利を奪うだけでなく、IFMSAなどの組織の専門性や自主性を軽視する行為でもあると非難した。

対中国大陸政策を主管する大陸委員会も21日、この問題に対する抗議文を発表。台湾に対する圧迫を停止するよう中国大陸に求めた。

(侯姿瑩、テキ思嘉/編集:楊千慧)