中国大陸空母が台湾海峡進入 国防部「全行程を監視・把握」

【両岸】 2018/03/21 13:14文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
厳徳発国防部長

厳徳発国防部長

(台北 21日 中央社)厳徳発国防部長(国防相)は21日、中国大陸の空母「遼寧」が20日に台湾海峡に進入したと明らかにした。遼寧は18~19日に東シナ海で軍事訓練を実施したとみられている。厳部長は、中国大陸の訓練については全行程を監視、把握していると述べ、現時点でのコメントは差し控えるとした。

厳部長は立法院(国会)外交及び国防委員会に出席。与党・民進党の羅致政立法委員(国会議員)から、中国大陸の遼寧が18~19日に東シナ海で軍事活動を行い、20日に台湾海峡に入ったと伝えられたことに対し、真偽を尋ねられた。

遼寧は今年1月にも台湾南西の防空識別圏(ADIZ)に進入し、台湾海峡の中間線西側を航行していた。

(游凱翔/編集:名切千絵)

LINE分享給好友