中国大陸軍機、第1列島線通過 国防部「攻撃用航路の準備」/台湾

【両岸】 2017/11/22 16:02文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
馮世寛国防部長

馮世寛国防部長

(台北 22日 中央社)国防部は22日、複数の人民解放軍機が同日午前、台湾とフィリピンの間のバシー海峡上空を経由し、中国大陸の防衛ライン「第1列島線」を越えて西太平洋に向かう飛行訓練を実施したと発表した。馮世寛国防部長(国防相)は同日午前の立法院(国会)外交および国防委員会で、中国共産党は非常に実際的な攻撃用航路の準備をしていると警戒感を示した。

国防部によると、訓練を行ったのは大型爆撃機H6 や輸送機Y8、電子偵察機Tu154、空中給油機II78、戦闘機Su30など。機体数について馮部長は野党・国民党所属の立法委員(国会議員)からの「10機を上回るか」との質問に、「おおよそそのくらい」と答えた。

馮部長は、国軍は防空識別圏で最高の防御を実施していると説明。早期警戒管制機や要撃機をすでに発進させたことも明らかにした。

(劉麗栄/編集:名切千絵)

LINE分享給好友