中国大陸軍機、台湾の防空識別圏を侵犯 空軍撮影の画像を公開=国防部

【両岸】 2017/07/21 15:16
国防部提供

国防部提供

(台北 21日 中央社)国防部(国防省)は21日、空軍が撮影した人民解放軍のH6K爆撃機の写真2枚を公開した。同部が自主的に空軍撮影の人民解放軍機の画像を発表するのは初めて。このうち1枚の写真については、H6K爆撃機の奥に国産戦闘機「経国号」が写っており、人民解放軍機が中華民国の防空識別圏を侵犯したことが示されている。だが、これについて同部は認めていない。

日本の防衛省統合幕僚監部によると、人民解放軍の爆撃機など計10機は20日、東シナ海上空を飛行。飛行ルートは台湾東部に沿い、宮古海峡を通過している。

国防部は21日、人民解放軍の動向は全て把握していると説明し、国民に対して安心するよう呼び掛けた。

(呂欣ケイ/編集:名切千絵)